模擬店イベント向け焼き鳥器を、全国対応でレンタルしています。

焼き鳥器の梱包手順

焼き鳥器専用機返却時の手順

**返却する物**
本体   スクレイパー
山型3本   ハケ
鉄久(鉄棒)2本   塩の容器
陳列バット(トレー2枚・網2枚)   タレ用ポット
     
1 焼き鳥器専用機返却時の手順STEP1 ・本体下部の引き出しの水を捨ててください。
2 焼き鳥器専用機返却時の手順STEP2 ・ポットの中のタレを処分し、ハケとスクレイパーと塩の容器を入れてください。
・バットは2枚重ねて網をその上に置き、左図のように本体・備品をビニール袋に入れてください。
3 焼き鳥器専用機返却時の手順STEP3 ・本体を梱包の箱に入れます。
4 焼き鳥器専用機返却時の手順STEP4 ・ビニール袋の中に鉄久を入れてください。
(上図2の段階で入れてしまうと箱に入れづらいです。)
5 焼き鳥器専用機返却時の手順STEP5 ・脇に備品(バット・ポット)とパッキンを入れてください。
(配送時の箱は写真と違う場合もありますがパッキンの置き方は左図を参考にしてください。)
※パッキンは運送中のズレを防ぐ為ですので忘れずにお願いします。
6 焼き鳥器専用機返却時の手順STEP6 ・エアーパッキンを上にかぶせてください。
7 焼き鳥器専用機返却時の手順STEP7 ・蓋を閉めてから同封のPPバンド1本で留めて下さい。下図PPバンド取扱手順を参考にしてください。)
同封の佐川急便の着払い伝票を貼ってください。
出荷作業完了です♪

この度は、ご利用頂きましてありがとうございましたm(__)m

電気焼き鳥器返却時の梱包手順

**返却する物**
本体   スクレイパー
鉄久(鉄棒)2本   ハケ
網1枚   塩の容器
タレ用ポット   陳列バット(トレー2枚・網2枚)
     
1 電気焼き鳥器返却時の梱包手順STEP1 ・本体下部の引き出しの水を捨ててください。
2 電気焼き鳥器返却時の梱包手順TEP2 ・ポットの中のタレを処分し、ハケとスクレイパーと塩の容器を入れてください。
・バットは2枚重ねて網をその上に置き、左図のように本体(鉄久を差し込んだまま)と備品をビニール袋に入れてください。
3 電気焼き鳥器返却時の梱包手順STEP3 ・本体を梱包の箱に入れます。 
・その後に、ビニール袋の中に網を入れてください。
(上図2の段階で入れてしまうと箱に入れずらいです。)
4 電気焼き鳥器返却時の梱包手順STEP4 ・脇に備品(バット・ポット)を入れてください。
5 電気焼き鳥器返却時の梱包手順STEP5 ・パッキンの上に取扱説明書を置いてください。
6 電気焼き鳥器返却時の梱包手順STEP6 ・蓋を閉めてから同封のPPバンド1本で留めて下さい。下図PPバンド取扱手順を参考にしてください。)
・同封の佐川急便の着払い伝票を貼ってください。
出荷作業完了です♪

この度は、ご利用頂きましてありがとうございましたm(__)m

焼き鳥器兼用機返却時の梱包手順

**返却する物**
本体   スクレイパー
山型3本   ハケ
鉄久(鉄棒)2本   塩の容器
網1枚   陳列バット(トレー2枚・網2枚)
タレ用ポット  
     
1 焼き鳥器兼用機返却時の梱包手順STEP1 ・本体下部の引き出しの水を捨ててください。
2 焼き鳥器兼用機返却時の梱包手順STEP2 ・ポットの中のタレを処分し、ハケとスクレイパーと塩の容器を入れてください。
・バットは2枚重ねて網をその上に置き、左図のように本体・備品をビニール袋に入れてください。
3 焼き鳥器兼用機返却時の梱包手順STEP3 ・まず始めに本体を梱包の箱に入れます。  
・その後に、ビニール袋の中に網と鉄久を入れてください。
(上図2の段階で入れてしまうと箱に入れずらいです。)
4 焼き鳥器兼用機返却時の梱包手順STEP4 ・脇に備品(バット・ポット)を入れてください。
5 焼き鳥器兼用機返却時の梱包手順STEP5 ・エアーパッキンを上に被せてください。
6 焼き鳥器兼用機返却時の梱包手順STEP6 ・パッキンの上に取扱説明書を置いてください。
7 焼き鳥器兼用機返却時の梱包手順STEP7 ・蓋を閉めてから同封のPPバンド1本で留めて下さい。下図PPバンド取扱手順を参考にしてください。)
・同封の佐川急便の着払い伝票を貼ってください。
出荷作業完了です♪

この度は、ご利用頂きましてありがとうございましたm(__)m


炭火焼き鳥器兼用機返却時梱包の手順

**返却する物**
本体   ハケ
網(1枚)   うちわ
鉄久(鉄棒)2本   陳列バット(トレー2枚・網2枚)
タレ用ポット   炭バサミ
スクレイパー   耐熱ボード(2枚)
塩の容器   炭かき棒
     
1 焼き鳥器兼用機返却時の梱包手順STEP1 ・本体と備品を梱包の箱に入れてください。
2 焼き鳥器兼用機返却時の梱包手順STEP2 ・蓋を閉めて下さい
3 出荷伝票(写真左)下のビニール封筒の中の返却用着払い伝票を貼り付け位置に貼ってください。(写真右)
3 焼き鳥器兼用機返却時の梱包手順STEP4 ・同封のPPバンド1本で留めて下さい。下図PPバンド取扱手順を参考にしてください。)
出荷作業完了です♪

この度は、ご利用頂きましてありがとうございましたm(__)m


炭火焼き鳥器専用機返却時梱包の手順

**返却する物**
本体   うちわ
鉄久(鉄棒)2本   陳列バット(トレー2枚・網2枚)
タレ用ポット   炭バサミ
スクレイパー   耐熱ボード(1枚)
塩の容器   炭かき棒
ハケ    
     
1 焼き鳥器兼用機返却時の梱包手順STEP1 ・本体と備品を梱包の箱に入れてください。
2 焼き鳥器兼用機返却時の梱包手順STEP2 ・蓋を閉めて下さい
3 出荷伝票(写真左)下のビニール封筒の中の返却用着払い伝票を貼り付け位置に貼ってください。(写真右)
3 焼き鳥器兼用機返却時の梱包手順STEP4 ・同封のPPバンド1本で留めて下さい。下図PPバンド取扱手順を参考にしてください。)
出荷作業完了です♪

この度は、ご利用頂きましてありがとうございましたm(__)m


PPバンドの取り扱い手順

※上段の写真1〜3の順番に片側を留めて頂き、次に下段写真4〜7の順番にもう一方を留めてください。
上図を参考にしても留め方が分からない場合は、ドライバーにお尋ねください。


予約フォームはこちらをクリック ご質問・ご相談はお電話で!0120-65-7181