模擬店イベント向け焼き鳥器を、全国対応でレンタルしています。

焼き鳥器専用器の使用方法と焼き方

ガスに火がつかない場合は?

お客様が用意したプロパンガスボンベには通常下写真Aの様なガスコックが付いていますが、このガスコックの中には下図Bの様な安全装置が付いています。(過大な流量のガスが流れるとボールが押し上げられてガスを遮断します。ラムネの瓶のビー玉をイメージしてください)

レンタル頂いた弊社のガス機器に火がつかない場合、お客様が用意したプロパンガスボンベの安全装置が働いてガスが遮断されてる状態が殆どです。

この安全装置は一度プロパンガスボンベのガスコックを閉じる事でリセットされます。ガスホースをガス機器つないでコックを開けても火がつかない場合は、以下の手順を順番通りお試しください。

  • 弊社からレンタルしたガス機器のガスコックを一度全部閉じる。
  • プロパンガスボンベのガスコックを一度閉じる。
  • 閉じたプロパンガスコックのコックを再び開ける。
  • 弊社からレンタルした機器のガスコックを開けて火をつける。
※ ガス機器のコックを開けたままプロパンガスのガスコックを開けると抵抗無くガスが流れるために、プロパンガスボンベの安全装置が働きガスを遮断する場合があります。

使用前のご注意

  • 器具に表示してあるガス以外のものでは絶対に使用しないでください。
  • LPガスを使用の場合は、必ず低圧ガバナーをご利用ください。
     (ガバナとは「整圧器」ともいいます。ガスの消費量の増減にあわせてガスの圧力を自動的
    にコントロールする機能を持っています。ガス屋さんにお問い合わせください。)
  • 中、高圧ガバナーを使用されますと、ガス漏れおよびガス爆発の可能性があります。
  • ガスホースはホースエンドの赤線の所まで差し込みゴム管止めでしっかりと止めてください。
  • ガスホースは出来るだけ最短にしてお使いください。
    またガスホースが古くなるとヒビ割れが入り、ガス漏れの恐れがありますので早めに取り換えください
  • 設置場所は不燃性の台の上に置き傾かないように注意して置いてください。
    また壁より側方、後方とも10cm以上は離してください。
  • 強い風が吹き込む所の設置はガスが立ち消えになり危険ですので十分注意してくさい。
  • お子様の使用は危険ですので絶対にさせないでください。
  • 部屋の換気は十分に行ってください。換気が不十分だと酸素が減少して不完全燃焼による
    一酸化炭素中毒の危険があります。
  • ガス器具の移動は必ず元栓を閉めて行ってください。
  • このガス器具は日本国内専用になりますので国外では使用しないでください。
  • 接続が終わりましたら、ガス漏れがないことを確認してください。

火傷怪我の防止のために

  • 使用中及び使用直後は、器具全体が熱くなっていますので必要な所以外は手や体の一部は触れないように
    してください。
  • 器具の梱包は器具が十分に冷えてからしてください。
  • ガス漏れに気付いた時は、すぐにガスの元栓を閉じ窓や戸を全開にしてガス供給会社に電話してください。
    その時電気器具のスイッチの入り切りやたばこの火は絶対に付けないでください。

使用方法

     
1 電気焼き鳥器の使用方法STEP1 ・写真のように引き出しに水を入れてください。(熱が焼き鳥器の下に伝わりにくくする為と、垂れた焼き鳥の油に火が付かなくする為です。)

・水は時々確認の上補給し、空にならないように気を付けてください。
2 電気焼き鳥器の使用方法STEP2 ・山型が正しくセットされているか確認してください。
3 鉄久 ・鉄久2本を写真のように乗せてください。
・2本の鉄久幅は焼き鳥の串に合わせてください。
4 電気焼き鳥器の使用方法STEP4
電気焼き鳥器の使用方法STEP3-2
・器具のコック(止)を確認して、ガスの元栓を全開してください。

・器具の元コックを右に回して全開してください。

・器具のバーナーコックを右へゆっくり回して、本体横の穴より点火棒及びチャッカマン等で素早くバーナーに直接点火してください。

・火が消えていないか確認してください。

・最初はガスホースに空気が混じって点火しにくい時があります。火が付かない時は少し時間を空けてから、もう一度繰り返して点火してください。ガスが充満して爆発の恐れがありますので十分にご注意ください。

・使用中はガスが正常に燃焼しているか確認してください。のぞき穴から確認してください。炎が小さいと自然に火が消えて、立ち消え状態になりますので非常に危険です。炎は中火以上で使用してください。
5 電気焼き鳥器の使用方法STEP5
空気調整器
・ガスが完全燃焼している時は炎が淡い青色をしています。

・炎が赤くなり、炎が飛ぶ場合は空気調整器をまわして炎の状態を見ながら調整してください。

・調理中不慮の出来事で火が立ち消え、ガス漏れを起こす事が有りますから、ガス器具から離れる時は必ず火を消してください。

・火力を調整する時は各バーナーのコックで調整してください。
(この方法だと3本のバーナーそれぞれで火力調整が出来ます。)
6 焼き鳥が一度に17本約4分で焼けます ・焼き鳥が一度に17本 約4分で焼けます。1時間で約255本の焼き鳥が焼けます。

・スチーム加熱した「焼き鳥ふっくらモモ串 」なら強火で焼いても表面だけが焦げて中が生という失敗がありません。

※鉄久の上に直に乗せて使用する場合も、何回か焼いていると鉄久に油や肉片がこびり付いてきますので、その際は付属のスクレイパー(ヘラ)でそぎ落としてから、再びご使用ください。

焼き鳥の焼き方:焼き鳥器専用器使用

凍ったままでは、焼けません。焼き鳥は、自然解凍してから焼いて下さい。

【焼き鳥の旨いタレで焼く場合】

タレを付けずにモモ串を焼く
95%焼き上がった状態まで焼く(約4分弱)
焼き鳥をタレの容器にドボンと入れて付ける
表30秒・裏30秒位焼く(この状態でお客様にお渡ししてもOKです)
2度付けされる場合は再度焼き鳥をタレの中にサッと入れて付けて出来上がりです。
 しょっぱく感じられる方は、ハケで一塗りして下さい。

※味にこだわられる方は2度付けをお薦め致しますが、食べ比べて見てお好みにしてください。

【焼き鳥ヒマラヤ岩塩さくら色】

焼く前に焼き鳥ヒマラヤ岩塩をお好みで両面振りかける
約4分位焼いて
出来上がりです。

 

予約フォームはこちらをクリック ご質問・ご相談はお電話で!0120-65-7181