焼き鳥器の返却前注意点は、梱包時の引き出しの水処分!

焼き鳥器の「引出しの水」は忘れずに処分してから梱包して下さいね(^^)/
焼き鳥器の「引出しの水」は忘れずに処分してから梱包して下さいね(^^)/

 
こんにちは 上州物産の木村です(*^_^*)
 
 
今日は関東でも真夏日になりそうですね☀
今朝の天気予報で気象予報士さんが「夏のリハーサル」と言っていました!
 
しかし、昨晩は暑くて寝苦しかったです。。。
流石に暑くて、いつも一緒に寝ている愛犬も昨夜は床にゴロン~と寝ていました♪
昨夜はスタッフの青木くんに教えてもらったバンド(ゲスの極み乙女)の曲を
YOUTUBEで聴きながら寝落ちしてしまい(^_^;)
暑くて夜中に目覚めて、そんな可愛い愛犬の姿をみてホッコリしてしまいました(^^♪
 
ちなみに、ゲスの極み乙女の曲は素人の私が聴いても完成度が高くて良い感じでした♪
時々、私の知らないバンドを教えてくれる青木くんは貴重な情報源です(^_^;)
でも・・・やっぱり私にとって永遠のNO1は『UVER world』なんですよね~!!
ライブ行きたい~♪
 
 
さて本日は、電気焼き鳥器のお話をいたします。
 
 
レンタル焼き鳥器の中でも、電源さえ確保できればすぐに使用できる『電気焼き鳥器』
焼き鳥を焼く以外にも需要が多くて人気があります!
例えば、みたらし団子とかフランクソーセージとか(^^♪
 
準備も片付け(梱包手順)も簡単ですので、返却時間直前まで使用したいとは思いますが、
焼き鳥器の熱を冷まさないと梱包出来ません。。。
(16:00まで使用可、冷まして17:00~18:30には集荷完了)
そして、慌てて梱包しようとして忘れがちなのが『焼き鳥器の引出しの水の処分』です。
 
↑ 一番上の画像のように、焼き鳥器を使用する前には必ず入れて頂きたいのですが
返却時は必ず空にして頂きたいのです_(._.)_
 
水が残ったまま梱包(専用ビニールに入れて戴きますが・・・)してしまうと、
配送中に水が溢れてしまいますし、焼き鳥器本体にも水が掛かってしまいますので
注意が必要ですね。
水を処分する時は、火傷しないように焼き鳥器が冷めてからにして下さいね!
 
 
6月頃に文化祭を開催する高校も多いですね♪
文化祭で、『みたらし団子』『焼き鳥』『焼きまんじゅう』などの模擬店出店計画を
立てている方、プロパンガス使用で学校の使用許可下りなくてお困りでしたら、
電気焼き鳥器が有りますのでご安心下さいね~♪
消費電力は単相100V 1400Wと若干高めですが・・・いい仕事しますよ(^_^;)
 
 
それではまた次回迄(^_^)/~

集合写真