炭火焼き鳥器の使用方法と焼き方 - 焼き鳥器レンタル専門店

設置場所について

周囲に可燃物がない。

換気が良い。

水平で安定している。

風が吹き込まない。

落下物の危険がない。

水や熱がかからない。

火災予防について

使用設置場所の周囲は火災予防のため耐火構造にしてください。

(可燃性の壁から20cm以上、又は背面は30cm以上離してお使いください。)

設置台は木製等の可燃物は避けてください。

燃焼中は器具から離れないでください。

器具の周囲には可燃物や引火物を置かないでください。

使用中、使用直後は器具を移動させないでください。

使用後は残り火の始末は必ずしてください。

火傷・切り傷に注意

器具本体が熱くなるため火傷するおそれがあります。使用中や使用直後は触らないでください。

器具の表面及び周囲は安全のため面取り等をしてありますが、裏面・底面等構造上危険な箇所がある場合もありますので清掃等の時にはご注意ください。

使用後のコンロの清掃について

コンロの内部には抗火石とモルタルで出来ております。水には比較的に弱いので水で洗うことはおやめください。

器具の構造について

器具の構造上底部にも熱が廻ります。火災予防の為に耐熱板(商品につけてあります)を敷いてご使用ください。

抗火石は材質的に柔らかいので取り扱いには注意してください。

使用方法

1
炭火焼き鳥器の使用方法1

付属の耐熱ボード(専用器は1枚兼用機は2枚付属しています)の上に焼き鳥器をセットして焼き鳥器に棒ロストルをセットしてください。

(炭と灰を別けて空気を入りやすくするための物です)

2
炭火焼き鳥器の使用方法2

炭を起こして焼き鳥器の中に炭を入れてください。

(棒ロストルの上に炭を並べます)。

この時炭を入れ過ぎない様にしてください。

目安は7分目か8分目位です。

3
炭火焼き鳥器の使用方法3

火力の調整は焼き鳥器の空気取り入れ口で調整してください。 火力が弱い時は開けてください火力が強い時は閉めてください。

炭の灰は左図窓から灰かき棒等でかき出してください

使い終わったら焼き鳥器の中の灰と炭を全部取り出して放熱してください。

灰は灰かき棒で炭は炭バサミで全部取り出せば1時間ほどで梱包出来るレベルまで放熱されます。

少しでも炭や灰が残っていると放熱時間が伸びますのでご注意ください。

この時焼き鳥器を乱暴にヒックリ返したりして炭や灰を出すのは辞めてください、焼き鳥器が壊れます。

笑顔をつなぐレンタル
上州物産

お客様はもちろん、
そのお客様まで笑顔にできますように。

当店は、たくさんの商品をレンタルしている
総合レンタル店とは違い、

深い専門知識とこだわりを持った商品のみを
レンタルしています。

対応スタッフはベテランが多く、
日々の業務で商品知識を
実地で身につけています。

レンタル商品は
当然台数に限りがございますので、
予約は先着順になっております。

大好評にて予約殺到中。

予約は5ヵ月前からできますので、お早めに!

群馬県前橋市から全国にレンタル商品をお届けしています。
レンタルされたお客様からいただく「ありがとう」などの喜びの声に
支えられてがんばっています!!

笑顔をつなぐレンタル 上州物産スタッフ一同

15時までのご注文で、在庫があれば即日発送可能です。

レンタル日まで一週間きっている場合は最初にお電話にて、ご連絡ください。

予約は先着順です。大好評にて予約殺到中。

毎年キャンセル待ちになってしまって、

大変残念な思いをしてしまう
お客様が必ずいらっしゃいます。

ご予約は5ヶ月前から出来ますのでお早めに!

お電話の前に必ずこちらをクリックしてください。

ご予約・お見積依頼・お問合せはお電話でも承ります

↓こちらを押すとお電話できます↓

通話料無料 携帯・PHS可

フリーダイヤル画像0120-65-7181 フリーダイヤル画像0120-65-7181

通話料無料

携帯・PHS可

受付時間:9時30分~17時
休日:日祝休・季節により土曜休有・夏期/冬期休暇有

無料 見積依頼フォーム

ページの

1番上へ